So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
グルメ ブログトップ
前の5件 | -

『むさしの森珈琲』で優雅なブランチ [グルメ]

近隣にある、むさしの森珈琲というお店に行ってきました。

すかいらーく系列のコーヒーショップでありますが、
店内はゆったり寛げるスペースになっていて、好感の持てる
雰囲気です。

モーニング時間帯に行って、3種類のメニューを注文(税抜価格)
・むさしの森珈琲特製ふわっとろパンケーキ(¥580) ・Good!モーニングサラダ(¥780) ・エッグベネディクトプレート(¥1,080) +ブレンドコーヒー
20180320_010122000_iOS.jpg

みんなでシェアして、いろんな味見をしたかったので
朝食にしては豪勢ですがまぁたまには[ぴかぴか(新しい)]

お味のほうは、パンケーキは名前の通り
ふわとろでチーズの塩見加減も良く、シロップをかけすぎずに
食べるとバランス良く美味しい印象。
最近の傾向でふわふわ感ばかりが重視され
ちょっと食べごたえという点では印象が薄い感じ。
注文後、メレンゲから作るということで
なかなか手間はかかっている印象。

次にモーニングサラダは、女性受けするスーパーフード系も
盛り込まれた、健康的な朝食の印象。
アボガドが自分はあまり好きではないので、それ以外を
頂きましたが、サラダに癖もなくナッツ類がローストされていて
栄養バランスも良いと思います。

最後にエッグベネディクトは自分としては一番気に入りました。
見た目、出来栄え、味ともにバランスよく、コストパフォーマンスも
高いと感じました。
一人で全部食べるとこれだけでおなか一杯になってします
量ですが、満足感は高いと思います。



店内は広く50-80席くらいはあったかと思います。
ソファー、テーブル席はかなり余裕をもって配置されているので
プライベートスペースは保たれていてリラックスできます。

おひとり様用の、大きなテーブル席もあり、ファミリーから
おひとり様まで客層のゾーンは広い印象でした。

積極も落ち着いていて、好印象。

ヘビーユーザになるには自宅から距離がありますが、
たまにはブランチとして利用するのには良いお店だと思います。

BRUTUS特別編集 合本・最高のおやつ (マガジンハウスムック)

BRUTUS特別編集 合本・最高のおやつ (マガジンハウスムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2017/04/15
  • メディア: ムック


続きを読む


nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カフェ 閑居物語 [グルメ]

埼玉行田にある、「カフェ 閑居」にお邪魔しました。

近くの忍城(おしじょう)に家族社会科見学に
行った際に、Googleさんのお力を借りて見つけました。
Google上での検索結果は4.3と高ポイント。

お邪魔ししたところ、駐車場もゆったりしていて
車での立ち寄りが容易。
外見も昭和初期?的な佇まいで落ち着いた雰囲気。
20170305_044548158_iOS.jpg

中に入ると、1F、2Fに畳と昔ながらの大きめのテーブル、座布団という
まさに、日本家屋のお店です。

休日お昼に伺いましたが、2Fに案内され、テーブルも6つほどありましたが
ほぼ満席。

メニューはランチプレートと
単品メニューと、デザートセットというシンプルで
わかりやすい。ランチプレートはお好きなメイン料理に
隣のお店「パン工房 Kura」というお店
が提供している焼き立てパンと、スープ、サダラがついて、
1,250円という、現地ではかなり高めの設定であろう価格でした。

家族はランチプレート(メインは、グラタンとラザニア)
自分は、「閑居カレー」なる野菜たっぷりカレーとの
ことでこちらを注文。

提供されると、はい確かに野菜たっぷり、ひき肉カレーが
やってきました。
20170305_042342647_iOS1.jpg

こちらは、サラダがついて1,200円だったか。
高めの価格設定ですが、サラダもちょびっとつけあわせではなく
大きめのプレート皿に、たっぷりのサラダと鶏肉、生ハムの
載った、それなりに食べごたえのある一品。

閑居カレーを食した自分には、サラダのボリューム、内容的に
満足いくものでした。少し辛めの味付けですが、決して
刺激が強すぎる味ではないので、好みは分かれますが、
悪くないと思う。

家族の注文したランチプレートはメインが若干少なめの量で
パンは軽くトーストされている、全粒粉と思われるプレーンのパンと
ドライフルーツの入ったパンで、大好きなタイプ。
子供の残りをもらい、カレーをつけて食べました。
食べた感じでは、カレーにも、一切れパンをつけてもらえると
ごはんと2度楽しめて満足度上がると思います。
(女性には量が多いかもしれませんが・・)

食事の内容、旧家を改装したお店の雰囲気は
とっても良かったです。
ただ、ランチ代としては都心の高めの価格帯と
変わらないので、日常使いは難しいお店だと感じます。
たまの休日、少し贅沢ランチ向きですな。



タグ:グルメ
nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

シュトーレンは文化 [グルメ]

メリークリスマス!!

クリスマスに相応しい伝統的なお菓子のはなし

シュトーレン

この時期どこのお菓子屋さんも伝統的なドイツ菓子として

こぞって売り出している商品のひとつ。

そして今年はそんなシュトーレンがマイブームとなり

食べ比べしました。[揺れるハート]

先ずは地元にある人気もパン屋さん「Daisy」デイジイのシュトーレン。
http://www.daisy1962.co.jp/
デイジイ1.jpg
デイジイ2.jpg
こちらは、パン屋さんが作っているということもあるのか、
中身のしっとりさは少なく、パンの食感に近い感覚のシュトーレンでした。
パン好きには中々いい感じ。

で、次は最近有名のパン屋でもある「POINT ET LIGNE」。
はい、こう書かれただけではまったく読めません・・[あせあせ(飛び散る汗)]

これでポワン・エリーニュと呼ぶそうな。
Made in Tokyoをコンセプトにした
こ東京丸の内の新丸ビルにお店がありますが、
先日新宿伊勢丹で期間限定出店しており、その際にGETしました。
http://www.point-et-ligne.com/
ポワン1.jpg
ポワン2.jpg
こちらは、梱包からまったく違うものです。
中身はイチジク・ナッツ類などが入っていて、食感もかなりしっとりした
舌触り。熟成されているという印象が強い一品です。
今年一番印象に残ったシュトーレンであり、一番高額なシュトーレンでもありました

次はまたもや地元のお店ですが、こちらはケーキ屋さんのシュトーレン。
お店は「chant.doiseau」シャンドワゾーというお店になります。
http://www.chant-doiseau.com/index.html
シャンドワゾ1.jpg
シャンドワゾ2.jpg
こちらも食感はしっとりしていて伝統的なシュトーレンという印象が強い
一品でした。
お値段も2000円台となかなかですが、満足度の高いシュトーレンです。

次は皆さんも何かと購入機会が多いであろうKALDIのシュトーレン。
http://www.kaldi.co.jp/
カルディシュトーレン①.jpg
カルディシュトーレン②.jpg
こちらかなり小ぶりなシュトーレンですが、コスパが一番高いと思う一品です。
これなら、少しぐらい食べ過ぎてもあまりお財布に対しては
罪悪感がないです。

次はまたもや地元のケーキ屋さんの品物
「dolcemente」ドルチェメンテというお店になります。
このお店はシフォンケーキが有名ですが、シュトーレンもケーキ屋さんらしく
伝統的な風合いが強い感じの一品でした。
自分的には少ししっとりさが少ないのが残念でしたが、全体的な
味のバランスは良かったです。
http://dolcemente.co.jp/

最後は人気パンとしていつも上位にランクインするフランス「PAUL」の
シュトーレンになります。
http://www.pasconet.co.jp/paul/
paul1.jpg
paul2.jpg
こちら店頭に大小2つのサイズで置かれていて気軽に手に取れる
一品であり、値段も1000円台からとリーズナブルな商品です。
中身のフルーツとナッツのバランスが良く、さっすがヨーロッパ発祥のお店という感じ。
周りにコーティングしてある砂糖のジャリジャリ感もほかの商品を圧倒するほどの
多さです[わーい(嬉しい顔)]
また、赤い包み紙も目を引き、クリスマス感が良く出ていると思います。[ぴかぴか(新しい)]


続きを読む


nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

缶詰レストランの冒険 [グルメ]



缶詰めは今も昔も好きです。


が、レストランで食すとは!?

しかし、自分好みの缶詰めをチョイスして

料理人の方に調理してもらうのは

面白いかも。

ただ、缶詰めをレストランでチョイスするだけでは、

自宅と変わらない。

先日、東京ソラマチの問屋国分なる、缶詰めや炊き込みご飯の素などを扱うお店に行きました。

こういう製品を作る会社が日本には素晴らしい[ぴかぴか(新しい)]






日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36 (講談社+α新書)

日本全国「ローカル缶詰」驚きの逸品36 (講談社+α新書)

  • 作者: 黒川 勇人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/09/20
  • メディア: 新書



缶's Barの即ウマ缶詰つまみ100レシピ (ORANGE PAGE BOOKS)

缶's Barの即ウマ缶詰つまみ100レシピ (ORANGE PAGE BOOKS)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: オレンジページ
  • 発売日: 2014/02/01
  • メディア: ムック



缶詰でつくりおきそうざい

缶詰でつくりおきそうざい

  • 作者: 市瀬悦子
  • 出版社/メーカー: 泰文堂
  • 発売日: 2014/07/23
  • メディア: 単行本



かんたん晩酌缶詰レシピ50 ほろ酔い♪女子つまみ

かんたん晩酌缶詰レシピ50 ほろ酔い♪女子つまみ

  • 作者: 黒瀬 佐紀子
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2011/02/24
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)














nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

No ナチュラルグローサリー No Life [グルメ]



食の安全は大事です。

でも、見た目もやっぱり大事です。

日本のお菓子は見た目も、中身も

安全なものが多いほうですが、それでも

スナック菓子などを食べるとやめられない

とまらない・・・そして満腹になったあとに

若干後悔します[ふらふら]

添加物の塊など気をつけなければいけない

食品も多いので、毎日の食べ物には目をこらさないとですね。

で、最近フード本で気になっているのはこちら


フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠

  • 作者: マイケル モス
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2014/06/05
  • メディア: 単行本



フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠


ホント最近の食品は至福の罠が仕掛けられているんです、きっと[たらーっ(汗)]

読んだ後に、食生活を変えたいと思う気がします。

早めに読みたいと思います[本]

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の5件 | - グルメ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。