So-net無料ブログ作成
検索選択
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

ニュージーランド国旗論 [政治]



こういう経験をしたことがないのでよくわかりませんが

国民にとって国の象徴の国旗は重要な

ファクターだということ。

まぁぱっと見オーストラリア国旗との区別はしにくいし、

どういう手続きを踏んで、進んでいくか楽しみな

出来事かな。日本の憲法改正より進みは速そうですな。

個人的にはキウイを取り入れてほしいな。


「小さな大国」ニュージーランドの教えるもの―世界と日本を先導した南の理想郷

「小さな大国」ニュージーランドの教えるもの―世界と日本を先導した南の理想郷

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 論創社
  • 発売日: 2012/06
  • メディア: 単行本



るるぶニュージーランド (るるぶ情報版海外)

るるぶニュージーランド (るるぶ情報版海外)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ジェイティビィパブリッシング
  • 発売日: 2014/09/19
  • メディア: ムック



C10 地球の歩き方 ニュージーランド 2015~2016

C10 地球の歩き方 ニュージーランド 2015~2016

  • 作者: 地球の歩き方編集室 編
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/10/11
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



米政府は政府機関を閉鎖してまで何を目指すのか!? [政治]



オバマ大統領と、共和党は結局何をしたいのか?

予算が執行されずに、米国政府機関が

機能停止になっても、誰も喜ばない。他国で

喜ぶ国はいくつか思い浮かぶが・・

この問題に対して、先進国も新興国もどんな影響が政治的・

経済的に起こるかわからないのが、一番嫌な感じであって、

いまでもやはり、アメリカがくしゃみをすれば、風邪を患ったり

それ以上の重症になる国が多々あることを認識して欲しい。

日本も消費税を上げる宣言をしたは良いけど、先行き不安は

増すばかりだし、守りの生活をしたくなる心理が日に日に

強くなってくる今日この頃。





現代米国政治分析―オバマ政権の課題

現代米国政治分析―オバマ政権の課題

  • 作者: 藤本一美
  • 出版社/メーカー: 学文社
  • 発売日: 2013/01/24
  • メディア: 単行本



証券会社が売りたがらない米国債を買え!

証券会社が売りたがらない米国債を買え!

  • 作者: 林 敬一
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2011/08/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



米国製エリートは本当にすごいのか?

米国製エリートは本当にすごいのか?

  • 作者: 佐々木 紀彦
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2011/07/08
  • メディア: 単行本



(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)

(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)

  • 作者: 堤 未果
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2013/06/28
  • メディア: 新書



ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)

ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)

  • 作者: 堤 未果
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2010/01/21
  • メディア: 新書


タグ:米国

それをやっちゃぁおしまいよ、元CIA職員の暴露 [政治]

このタイミング、この場所で


こんな暴露話し。

米国にとっては面白い話である訳がなく。

ただ、暴露した元職員を強制的に厳罰を与えれば、

中国とやっていることに大差はなくなる。

米国の法にもとずいて、少々無理はするであろうが、

適切という名のもとに対処するであろう。

しかし、これだけのこtpを暴露されたら、今度の諜報活動も

やりずらいわな。

三重スパイ――CIAを震撼させたアルカイダの「モグラ」

三重スパイ――CIAを震撼させたアルカイダの「モグラ」

  • 作者: ジョビー・ウォリック
  • 出版社/メーカー: 太田出版
  • 発売日: 2012/11/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



続きを読む


タグ:CIA

「いいね!」は政治活動!? [政治]


こんな論議が繰り広げられることが

さっすが、米国。



まぁ、両者の主張はわからなくはないが

ネット世代にとって、政治活動についての行動は

よくよく考えたほうが良さそうだ。

軽はずみな「いいね!」は訴訟まで考えなきゃいけないのは

非常にめんどうだが・・[ふらふら]


Facebookバカ  友達を365日たのしませる男の活用術

Facebookバカ  友達を365日たのしませる男の活用術

  • 作者: 美崎 栄一郎
  • 出版社/メーカー: アスコム
  • 発売日: 2012/04/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



バカで野蛮なアメリカ経済 (扶桑社新書)

バカで野蛮なアメリカ経済 (扶桑社新書)

  • 作者: 藤井 厳喜
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2012/03/01
  • メディア: 新書



そろそろ本気で学びませんか? 中国国債 [政治]

日本も中国国債を買い入れする

動きが始まりまった[ダッシュ(走り出すさま)]


まずは、数千億規模での買い入れを予定しているようですが、

このタイミングで購入する必要があるのかと

普通の疑問が起きるのが自然じゃなかろうか

多様化するソブリンリスクからすると米国債、EU債だけでなく

中国債を購入すること自体は別に悪いことではない

ただし、その反面復興国債を発行し、

増税論は活況となり、国内政治・経済は

不透明感たっぷり[眠い(睡眠)]

日中韓の東アジアでの相互関係も

続きを読む>>>


タグ:中国国債
メッセージを送る